加圧トレーニングの仕組みについて

加圧トレーニングとは、血管をある程度の適度な力を加えた状態で運動すると、しない時に比べて数段筋力アップ効果が期待できるトレーニング方法で、その仕組みはこうです。

普通、運動をすると、筋肉に力が加わり、筋肉にストレスがかかりその結果、疲労を生じさせる物質が溜まってきます。

この物質が溜まってくると筋力が低下して来て、疲れるという症状に現れてくるのですが、同時に、脳から成長ホルモンを出させる指令が出て、血管の中に成長ホルモンが流れ出し、全身に巡ります。

その成長ホルモンが筋肉に働き、筋肉を増強させ、また、体脂肪も分解させることになります。

加圧トレーニングは、この仕組みを利用し、腕や脚にある血管を専用のベルトを使用して、適度に圧迫します。

この状態においては、軽めでも運動することにより、体の隅々に張り巡らされている末端の毛細血管までを刺激し、成長ホルモンが体全体に行き渡るというものです。

従って、加圧トレーニングは、軽めの運動でも、ハードな運動と同じ効果が見込めるトレーニング方法です。

加圧トレーニングの仕組みを詳細に説明します。

筋肉には、遅筋と速筋とがあり、加圧トレーニングのように血流が制限されると、まず、遅筋が活動をし始め、そのままの運動を続けた状態では筋肉が酸素不足となります。

酸素不足の状態でまだまだトレーニングを続けると、今度は、速筋の働きが活発化してきます。

この速筋が働き続けると、筋肉の中に乳酸が溜まってくることになります。

乳酸が溜まってくると、脳が視床下部から脳下垂体に指令を出して、成長ホルモンの分泌を促します。

このときに分泌される成長ホルモンの量は、安静時と比較して約290倍もの量に相当するといわれています。

成長ホルモンは、中性脂肪を分解する働きがあるために、この作用によって、体脂肪が減少して、ダイエット効果も得られます。

加圧トレーニングでは、速筋の反応が早く始まり、軽い負荷でも乳酸が溜まり、その結果、早く成長ホルモンの分泌が始まるために、効果が大きくなることになります。

お勧めする加圧トレーニングスタジオは、こちらになります。

加圧トレーニングの情報が満載です

Comments are closed.